home003.gif

2010年03月07日

「店内でお召し上がりでしたら、Sサイズがお得になっています




「◆◆さん、やばいよ、これ、桁ひとつ間違えてる」
「えっ、本当ですか、申しわけありません、 」

次の訪問先へ移動途中、つい、さっき見積もりを
送ったばかりのクライアントから携帯に電話があった

「こんなの通したら、おたくの会社、つぶれるよ。
まったく、気がついたのが僕だったからいいけど… 」
「すみません、至急、再提出しますので、 」
「うんうん、わかった。じゃ、30分以内ね 」
「承知しました… 」

そうして男は、さっそく再見積もりの作業を
するための場所を探した。
ところで、最近は外出先でのネット回線環境も
充実しており、もちろんモバイルパソコンの
性能も申し分ないので、このように緊急で作業を
行わねばならないときでも、どこかのカフェに
飛び込めば大体の用事は処理できる。

「ホント、便利になったな… 」

男は、すぐに道路沿いにマクドナルドの
店舗を見つけ、そして中に入ろうとした時、
ちょうど入り口あたりで小銭入れが落ちて
いるのを見つけた。

「あっ、 」

男はその小銭入れを拾い上げて中を見る。
すると、その中には数枚の小銭と、何枚かの
クレジットカードが入っていた。
〈 あーあ、こんなところでジョーカー
 引いちまった。まったく、急いでいる時に
 限ってこんなの見つけちゃうんだな…  〉

男は瞬間、その小銭入れをその場所に
放置したくなったが、そんなことをしても何の
解決策にもならないのはわかっているので、
仕方なく、店舗に入って近くの交番の場所を聞いた。

「いらっしゃいませ! 」
「あの、ちょっとごめん。そこで財布拾ったんで、
近くに交番は… 」
「えっ、 あのっ、 」

対応してくれた店員の女の子は、予期せぬことを
聞かれてちょっとパニくっている。
その、少女独特の、顔を紅潮させながらの
一生懸命さが「けなげ」でかわいい。

「じゃあ、また来るね」
そうして男は、近くの交番で小銭入れを
まるで投げつけるように届け出ると、
急いで再びさっきの店舗へ戻った。

注文カウンターは2ヶ所開いており、
片方はさっきの女の子だ。
男は、列の最後にならび、ほどなくして、
偶然さっきの女の子がいるカウンターに
で注文をした。

「あっ、さっきの! 」
「うん、行ってきた。さっきはありがとうね。
 それで、ホットコーヒーのMサイズを。
それと、トレーもいらない 」
「ミルクと砂糖はどうなされますか? 」
「それもいらない」
「はい、わかりました。では、
 店内でお召し上がりですか? 」
「うん、そう 」
「それでしたら、コーヒーのおかわりは自由ですので、
 Sサイズはいかがですか? 」
「えっ、 あ、ありがとう。じゃ… Sで 」
「かしこまりました 」

男は、肝心の再見積もりをさっさと
作り直すと、相手先のクライアントへ
メールに添付して再提出した。

そうして、コーヒーをおかわりすることも
なく、また、さっきの女の子と目が合う
ことも店舗を出た。

次の訪問先に向かいながら男は思う。
〈 あー、やられた。
  あんな接客マニュアルもあるんだな… 
  でも、あの子、すごくかわいかった。
  まったく、おじさん、『君の瞳に完敗』です  〉







 salsa banner.gif
posted by jekugun at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/36104055
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック