home003.gif

2009年07月27日

育児! 育自! 育慈!

育児! 育自! 育慈!

「 しかし、あんたがね…  」  

平日の午後、比較的新しい、2階建ての
2DKアパートの1室で2人の女性が
たわいもないおしゃべりをしている。
そして、部屋の片隅にはベビーベッドが
置いてあり、そこには赤ちゃんが眠っている…

「 それでさ、一般的な話だけど、そんなに
  家にこもっていて育児ノイローゼなんかに
  ならないかい?  」
「 ううん、大丈夫だよ。私、今の生活、かなり
  気にいってるから…  」
「 だけどさ、あんた、あれだけ「ギャル」を通す
  ことに命かけてたのに、こんなんじゃ退屈だろ?
  それに、ダンナだって帰りが遅いし、 」
「 しかたないよ。長距離(運転手)やってるから。
  だけどね、子供ってホントにかわいいよ。でも、
  ぐずった時は宇宙人かっ、て思うぐらい
  理解不可能だけど、     」
「 あははっ、宇宙人か、まっ、今のところは
  あたしの知らない世界だな…    」


そうして、そろそろ夕飯を準備する頃になり、
友人らしき女性は帰っていった。
  
ところで、現在育児の真っ最中らしき女性は、
実際、かなり充実した毎日を送っていた。

なぜならば、彼女は妊娠期間中にたまたま始めた
ブログの制作がけっこう性に合っていたようで、
どうしても自宅で過ごす時間が長い彼女にとって、
ネットやブログによる外の世界との接点はものすごく
新鮮だった。
だが、妊娠がわかるまでの彼女の女子高時代は、
いかに制服のスカートを短くして繁華街を闊歩するか、
という、文字通り体をはったアナログ的な自己主張を
貫き通す毎日だった。
しかし、当時つき合っていた彼と妊娠を機に結婚し、
現在に至っている。


「 あっ、このコメント、ちょっとイヤだな…  」

パソコンの操作については、比較的すんなりと
上達できた彼女だが、実際のところ、ブログの
立ち上げに関しては少し遠回りをした。
例えば、最初に使ったブログサービスは、
プロバイダーによる完全フリーのもので、
広告がそれほど大きくないのが気に入って
利用を始めたが、実際に使用してみるとブログ
作成処理に時間がかかり過ぎるのに嫌気をさして、
それで思い切って他のサービスに乗り換えた。

また、現在までに複数のブログを立ち上げた
彼女だが、操作ミスでせっかく書いた記事を
一瞬のうちに消し去ってしまったことなど、
これまでに、笑うに笑えない失敗談もかなり
たくさんある。

もちろん、ネットの世界は基本的に相手の顔が
見えない仮想(デジタル)の世界には違いないが、
それでも、慣れてくればなんとなく嘘と真実の区別も
見えて気がするし、それに、今の彼女にとって最大の
メリットは、いくらネットに没頭していてもひとたび
赤ちゃんが泣き出せば、なにがなんでも現実の世界に
引きずり戻されることだ。

彼女は、今の生活をけっこう気に入っている。










posted by jekugun at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30878182
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック