home003.gif

2009年07月21日

生まれ変わりは「 ふとん 」?


生まれ変わりは「 ふとん 」?



「 ねえ、こんど生まれ変わるとしたら何がいい?」

「 えっ? 」

居間で彼女とテレビを見ていたときだった。
彼女が唐突に聞いてきたその質問に、男は
一瞬黙り込んだ。が、しかし、何もなかった
ような素振りであいづちをうった。

「 そうだな…  」

しかし、男の態度は誰が見ても明らかに
「うわのそら」で、彼の意識はどこか記憶の
かなたに飛んでいってしまったようだ。

男は、3年前にふられた彼女のことを
思い出していた…  




「 あのね、こんど生まれ変わるとしたら、
  何になりたい?  」
「 なんでもいいの? 」
「 なんでもいいよ。芸能人でも、スポーツ選手でも
  動物でも、なんでも! 」
「 モノ…  でもいい? 」
「 うん、いいよ     」
「 じゃ、ふとん 」
「 はあ、布団? 」
「 うん、ふとん  」
「 ………なに、それ?  」
「 いや、だってさ、ほら、オレ、会社で激務だから
  いつも疲れているし…  」

「 だけど、布団はないでしょ、何かほかには? 」
「 そんな急に言われても、だからさ、いつもいつも
  眠いのを我慢してるって言いたかっただけだよ 」
「 わかったわ。じゃ、布団でいい。でも、いつも
  若い女の子が使ってくれるとは限らないわよ。
  もし加齢臭がひどいおじさんだったら
  どうするの?  」
「 ちょ、ちょっと、だから、ふとんはもういいって、」
「 それに、子供だとおねしょされるかもしれないし、
  一人暮らしの子に万年床で引きっぱなしにされて
  一生布団干しされないまま捨てられるかも
  しれないし、あと、人のエッチをさんざん見せ
  つけられたままなすすべもなく指をくわえて
  黙っているだけ、 そんなのでもいいの?  
「 いや、だからさ… (今日はそうきたか! ) 」


彼女はいわゆる「いじり」キャラで、いつも男の
ささいなミスなど、あげあしをとることでストレスの
発散をしていた。
一方、男のそのことをじゅうぶん承知しており、
彼女が絡んでくるうちは機嫌がいいのも知っていた。


 


「 ねえ、どうしたの? 急に黙り込んで…  」
「 あっ、いや、なんでもないよ。えーと、
  生まれ変わるとしたら何か…  だったね?」
「 そんなの、もういいよ、 それより、見て、
  あのピン芸人! ほんと、バカ、     」

そう言った彼女は、テレビのバラエティ番組を指差して
大笑いしている。

〈 あー、この子もかわいくていい子なんだけどな…
  だけど、「ふとん」に生まれ変わりたい、なんて
  言ったら、「 はあっ、」って顔されて、あとは
  会話が続かないだろうな…          〉


〈 前の彼女、たぶん、オレのこと、いじり飽きたん
  だろうな… それに、今でもどこかで誰かを
  いじりたおしてるんだろうな…         〉


男は、今でも以前の彼女に未練がいっぱいのようだ…




   
  











posted by jekugun at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30706373
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック